仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】

【楽で安定の職場】高速道路の料金所の仕事

投稿日:

結論から言うと、高速道路の料金所のスタッフは、体力的に楽で意外な穴場の仕事です。

今の仕事の環境に疲れてしまった方にとって、人間関係の煩わしさの少ない料金所の仕事は、中途採用で入るにはおすすめの職業です。

もう退職しましたが、知人が料金所に勤めていましたので、詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

 

『週末まで長い・・・』5日間連続の勤務が辛いと感じる人向け

日本全国に高速道路が走っていますが、そのほとんどは有料区間ですので料金を徴収します。

最近ではETC車が増えたので、現金で支払う人もだんだんと減ってはいますが、まだ完全には機械に移行していません。

入り口で通行券を取り、目的地では現金で支払う人もたくさんいます。

 

そこで料金所のスタッフについて、どんな仕事内容でどんな人に向いているのか? 楽そうに見えるが給料はどうなっているのか? などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

なぜか平均年齢が高いスタッフが多い

高速道路を利用してみるとわかると思いますが、料金所のスタッフの平均年齢は高いです。

これは、ほどんどの人が中途採用で入社しているからです。

 

これは、【新卒で入るような職場ではない】と考えられているのかもしれません。

また、50代半ばで定年退職する自衛隊の人の再就職先としても人気があります。

 

そのため、職場の雰囲気は50、60代が中心の職場ですので、落ち着いた環境になります。

相手を蹴落として自分が出世したい! 俺が俺が!というタイプは少ないのです。

 

私の様な、ブラック企業に長年勤めてうつ病を発症した様な人間にとっては、若い人が少ないというのは逆に良い面でもあります。

やはりある程度年齢のいった、攻撃的ではない落ち着いた人が多くなると、仕事をしていてのストレスも少なくなると思います。

 

平均年齢が極端に低い、若い人だらけの会社は歯止めが利かないため、ブラック企業の確率が非常に高いのです。

 

給料は安いがその分仕事も楽だという声も

高速道路のスタッフの求人情報がたまに出ていますね。

最近は人手不足のせいか、頻繁に求人を見かけるようにもなりました。

そして、だんだんと若い人を採用するようにも変化してきています。

 

高速道路の料金所を運営するのは、昔は道路公団と言いましたが、現在はネクスコという民間企業です。

全国で展開しているため、地域によっての給料の開きがあるようです。

だいたいの相場としては、初任給で手取り15~16万のようです。

これにプラスして賞与は年2回きちんとありますが、年収で300万円弱といったところです。

 

このように、けっして高くはない給料が原因で、新卒で入社するような人が少ないと考えられます。

しかし給料が安い分、仕事内容じたいは楽です。

 

その業務は、交代での料金の収受業務・監視業務が中心になりますが、力作業などはないので体力的には楽なのです。

さらに常に少人数での勤務となりますので、会社での人間関係に疲れることもなくなりますね。

私の様な内気な人間にとっては、魅力的な職場です。

そして、会社が倒産する心配もないので安心して働くことができます。

 

勤務中のトイレはどうするのか?

ブースに入って勤務するのは、交代制です。

トイレはどうしているのか、気になりますよね?

 

これについては、大体1時間~2時間ごとに交代となるので、あまり水分ばかりは取らない方がいいですね。

特に冬場はトイレが近くなりますので、そのあたりは自己管理が重要になってきます。

 

しかし、お腹を壊しているときなど、急にくる場合もありますよね?

 

でも、これは仕方がないですし、お互い様です。

そんな時は、内線で呼び出して待機者に交代してもらうことも可能ですので、そこまで心配する必要はありません。

 

ブースの中はどのような環境なのか?

料金所で働く場合のメインの仕事が、ブースでの収受業務になります。

ブースはそんなに広い空間ではないですが、冷暖房完備で後ろには椅子が置いてあります。

目の前には収受機が置いてあり、そこへお客さんが持ってきた通行券やETCカードを入れて、料金を案内しています。

 

お客さんが来ない時間帯は椅子に座って待つことができますが、来た時には絶対にお迎えをしなければならないため、常に前方に注意を払う必要があります。

もしもお客さんが来た時に椅子に座っていたり、ウトウトして一瞬眠ってしまっていたなんてことがあると、すぐにクレームが来るそうです。

やはりお金を払って高速道路を利用しているのですから、少しでも待たされるのは苦情につながってしまうということですね。

 

また、一人で仕事をできるから気楽だと言っても、ブースの中は常に監視カメラで見られていますので、その映像や音声は事務所のモニターで流れています。

これが苦痛だという意見も多いですが、いつの間にか慣れるそうです(待機者もずっと見ているわけではなく、何かトラブルがあった時だけ見ています)

 

このような環境で働くのですが、冷暖房完備と言っても、窓は開いていますので当然に風は入ってきますから冬場は寒くなります。

また、夏場は虫が入ってきますので、気になる人は防虫対策も必要です。

 

普通の会社務めとは違う勤務形態

日曜日の夕方に、テレビでサザエさんをやっていると、憂鬱になる。

こんな経験は、サラリーマンなら誰しもが感じたことありますよね?

 

『もう休みが終わってしまって明日は月曜日、また長い一週間が始まる・・・』

私もこんな風に、日曜日の夜を過ごすことが多かったです。

 

しかし、高速道路の料金所のスタッフの仕事は、このような土日が休みの普通のサラリーマンとは違う、少し変わった1週間を過ごしています。

料金所のスタッフには土日の連休や、お盆や正月などの長期連休もありません。

その代わりに、基本的に1回仕事に行けば休みなんです。

 

え?1回仕事に行くだけで、休みなの?と思われるでしょうが、1回で2日分働いているのです。

 

料金所の仕事の1日の流れ

1回の勤務で2日分働くというのはどういうことなのか、流れを解説していきたいと思います。

 

通常は1回の勤務が24時間連続勤務となっています(その地域によって勤務体系は多少異なるようです)

その内訳は、勤務が16時間、休憩8時間で合計24時間です。

この16時間のうち、約半分がブースでのお客様対応で、残りが事務所での待機時間となります。

休憩時間は8時間となっていますが、そのうち夜間には仮眠時間もあります。

 

つまり、朝に家を出発して、仕事を終えて帰ってくるのは次の日の朝となるのです。

その1回で二日分を働いた計算になります(朝9:00から翌朝9:00まで)

 

そのため1回勤務すると、家に返ってきた当日とその次の日は休みです。

これを繰り返すような勤務形態なので、普通のサラリーマンよりも意外に自分の時間を持つことが可能です。

 

この勤務形態は、ホテルのフロント業務などでも見られる方式ですね。

私もホテルのフロントで働いている友人から聞きましたが「この勤務形態を一度やると、週末まで5日間も連続で働かなければならない普通のサラリーマンはできなくなる」と語っています。

確かに1回出勤すれば休みだと考えると、気分的に楽ですよね。

 

料金所の仕事は接客業です

高速道路の料金所のスタッフは、短い時間ではありますが、人と接する仕事です。

そのため少なからず【精神的な疲れ】はあるようです。

 

日本人は、一瞬で自分の立ち位置を判断します。

『自分がいま客なのか、それとも相手が客なのか』をです。

 

もし自分が客ならば、偉そうな態度を取りますし、何か少しでも気に入らない事があれば、なぜか必要以上に頭にきてしまいます。

逆に相手が客だとわかると、まるで神様を扱うようにしなければなりません。

どんな理不尽なことを言ってくる人であってもです・・・

これが日本の偽りの【おもてなし】の精神です。

 

これは、誰しもが小さいころからの経験の積み重ねで自然にそうなってしまっているため、海外旅行などに行った日本人は、店員が自分を神様のように扱ってくれないことにびっくりしたりします。

 

私は以前飲食店に勤めていた経験もありますが、この日本人のクレーマー気質のおかげで本当に悩まされました。

いくらお客さんに理不尽なことを言われても、こちらが謝らなければなりません。

また、飲食業界はなぜかブラックが多いです。

長時間労働は当たり前、客からの精神的なストレスもあります。

 

飲食業界やコールセンターなどと比較すれば、高速道路の料金所の接客はそこまでのレベルは求められませんし、1人のお客さんの対応時間は数十秒と短いですが、一応接客業なので精神的な疲れは残ります。

 

客からのストレスを避けたい場合

口下手でコミュニケーション能力が不足しているという方は、なるべく人と接しなくても良い環境で働きたいですよね。

 

料金所の仕事も、どんどん機械化が進んできています。

今後は取り扱い台数の少ない料金所から自動精算機(MIC)が置かれるようになり、徐々に客と対面しての応対よりも、機器の監視業務が中心になっていくでしょう。

 

もしこのような客からのストレスを避けたいのであれば、最初から接客のないスマートICでの勤務を希望するか、全ての車線が自動精算機(MIC)を導入してある料金所での勤務を希望するというのも良いかもしれません。

 

まとめ

高速道路の料金所のスタッフとして働くメリットとデメリットについてまとめました。

メリットについて

サラリーマンのように1週間連続で勤務する必要がないので、日曜日の夜に憂鬱になることもありません。

1回の勤務(24時間)が終わると、その当日と翌日はゆっくり過ごせます。

考え方によっては、一回仕事に行けば、その後まるまる2日間を、自分の時間として過ごせるのです。

 

また、仕事は肉体労働ではないため、体力的には楽です。

そのため、年配の方でも無理なく定年まで仕事をすることができます。

 

また、この仕事の最大のメリットとしては、出世が早いことがあげられます。

定年間近の人も多いため、まじめに頑張れば、どんどん役職が上がっていきます。

そのため、スタッフとして入社した人が数年でサブチーフから、チーフ、副所長となり、そして料金所長まで10年かからずに到達する人も多いです。

 

デメリットについて

仕事が肉体的に楽な分、給料は通常の会社よりは若干安くなります。

また、人と接する仕事なので、精神的なストレスはあるのだと思います。

 

もし精神的なストレスを普通の人よりも多く受けてしまう内向的な人は、最初からスマートICか、自動精算機を設置している料金所での監視業務を希望する手もあります。

 

以上が高速道路の料金所スタッフの解説でした。

私のように、うつ病で一度リタイアした人間にとっては、少人数ですしメリットもたくさんあるので魅力的な職場だと思います。

 

給料はそんなに高くないですが、会社が無くなる心配はないですし、安定していますし、真面目に頑張れば出世も早いです。

また、客からのストレスを避けることができる完全な監視業務という場合もあり、なかなかオススメできる【穴場の職場】であります。

-肉体的に楽な仕事

Copyright© 三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.