仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】

ホテルのナイトフロントの仕事

投稿日:

ホテルのナイトフロントの仕事は、条件によっては【楽な仕事】に入ります。

 

この仕事は、コミュニケーション能力がそれほど高くない人でもできる仕事ですが、面接の時にはそこを見られます。

コミュ障の人なら、面接の当日を突破するためには、コミュニケーション能力の無さを、誠実さや真面目さでカバーしたりすれば、何とかなるかもしれません。

というのも、この仕事は夜間に一人または少人数で行う仕事ですので、信用のない人間を雇うわけにはいかないのです。

 

そんなホテルのナイトフロントについて、解説していきたいと思います。

 

仕事内容と勤務時間

どんな仕事内容や勤務時間なのかは、ホテルによって異なるため、一概には言えません。

中には大変なナイトフロントの求人もあるようです(大きいホテルで、夜間も仕事量が多いなど。)

 

共通するのは、主に次のような業務があります。

  • チェックイン、チェックアウト対応
  • 電話応対
  • 館内の見回り
  • 夜間のお客様対応
  • 事務所や館内の清掃

このような業務がありますが、忙しく働く時間は最初と最後の方に偏っています。

夜中はほとんど自由に過ごすことができる場合が多いです。

 

この仕事のメリット

ナイトフロントの仕事には普通のサラリーマンからすれば、羨ましい点がたくさんあります。

  • 夜間に一人または二人などの少人数で働けるため、人間関係の煩わしさ等のストレスが少ない。
  • 深夜は仕事が少ないので、勤務時間といえどもある程度自由に楽にしていられる。
  • 給料も深夜割増(25%増)となるため、仕事の楽さの割には稼げます。

サラリーマンのように、常に働いていないとダメな環境と違うので、魅力がありますね。

 

気を付けなければいけない問題

ナイトフロントの仕事は、夜に働き、昼間は家に帰って休むというように、完全に昼夜が逆転してしまいます。

長年この仕事を続けると、知らず知らずのうちに自分が思っている以上に体を酷使することになります。

 

私の友人は、夜勤で自律神経失調症になってしまいました。

彼はナイトフロントではなく、普通の工場の夜勤だったのですが、昼間は明るく眠りも浅くなったり、食生活も乱れてしまったそうです。

ですから、たとえ仕事は楽でも、体には大きな負担となっていたりします。

 

また、求人を選ぶ際の注意点として、最初から仮眠時間が設けられている場合注意です。

その場合夜間の仮眠時間は給料が発生しないなんてことも考えられます。

 

夜間はそのまま仕事の時間として給料の発生する求人を選びましょう。

 

給料などの待遇面は?

時給は最低でも1,000円以上はもらえますし、日給制としての採用もあります。

また、最初はアルバイトでも、認められると正社員として迎え入れられる場合もあるようです。

 

以上が楽な仕事と言われるナイトフロントのご紹介でした。

コミュ障の人にとっては、働きやすい職場ではありますが、一番の難関は最初の面接です。

明るく受け答えして、言葉遣いに気をつけ、誠実さをアピールしたり、パソコンが得意なら、それをアピールするのも良いでしょう。

新着の治験ボランティア

 
楽に稼げるうえに社会貢献もできる治験の仕事はこちら↓
高額謝礼!非公開案件多数!治験モニター募集
 
治験モニター募集






-精神的に楽な仕事

Copyright© 三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.