こけし職人の後継者を募集中

日本の伝統文化でもあるこけしですが、近頃海外でも注目されるなど人気が高まっています。

素朴な見た目は温かみがあり、見ているだけで幸せな気持ちにしてくれますね。

 

しかし、そんなこけし職人の世界では、後継者不足も深刻です。

厳しい職人の世界なので、けっして楽な仕事とは言えませんが、黙々と一人だけで働きたい方は、後継者募集に応募してみてはいかがでしょうか。

今回は、こけし職人の仕事内容や、その魅力に迫っていきます。

最近になって再注目されている『こけし』どんな意味が込められてるの?

こけしを知らないなんて人はまずいないとは思いますが、一応かんたんにご紹介すると、主に木製で作られた人形玩具です。

球形の頭部に胴体をくっつけたシンプルな外見をしており、色鮮やかな着物を着ています。

職人さんによって一つ一つ丁寧に作られているので、表情がちょっとずつ違ったり、模様などの違いがあります。

 

こけしは地域によっても呼び名が違います。

もともとは、東北地方の温泉地で湯治客のおみやげとして誕生しました。

湯治客の多くは農民になり心身回復・五穀豊穣などのご利益のある縁起物とされました。

 

後継者を募集しているこけし職人、その仕事内容とは?

こけし職人の求人は、弟子入りしたうえで修行を積んで、やっと一人前として活躍できます。

まずは材料の調達で木を伐採するところから始め、乾燥させ、木彫りや荒挽きなどのこけしの基盤を作っていきます。

 

こけしの表面がつるつるに仕上がっているのは、表面をしっかりと磨き、漂白しているからです。

表面が整ったら、色を付け仕上げていきます。

 

こけし職人は制作はもちろん、販売まですべての作業を行います。

なかには使う道具が特殊なため、道具の用意やメンテナンスなども一通りやらなくてはいけません。

 

伝統こけしの世界では、弟子入りは必須と考えられているので、後継者を募集している工房を探さなくてはいけません。

日本全国に工房があり、こけしは地域によってもさまざまな表情を見せてくれます。

 

その他の日本の伝統工芸

日本の伝統工芸は、他にも種類がたくさんあります。

こけしのように人形を作るのが仕事で、日本人形を作る「人形師」もいますし、織物職人陶芸家漆職人竹細工ガラス職人など、日本の古き良き文化を伝える職人さんがたくさんいます。

 

制作に打ち込んでいる人もいれば、教室を開いてその文化を広めている人もいます。

世界でも注目されている分野であること、後継者不足であることも考えると、日本の伝統工芸を守る為にも重要な仕事といえます。

 

まとめ

こけしの需要が高まっている今だからこそ、江戸時代から続くこけし文化に足を踏み入れてみませんか?

地味な作業ではありますが、やりがいもあり、美的感覚に自信が有る方にこそおすすめできる仕事です。

また、人間関係の煩わしさもなく、黙々と一人で作業ができるのが魅力です。

 

会社を辞めると言えないならプロにおまかせ

-一人で黙々とできる仕事

Copyright© 楽な仕事.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.