仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】

牛の爪切りで年収1千万!マイナーだけど魅力ある仕事

投稿日:

日本には様々な資格がありますが、その中でもかなりマイナーな部類に入る【牛削蹄師】という資格をご存知ですか?

簡単に言うと、牛の爪切りの仕事です。

 

え?牛の爪を切るだけの仕事があるの? そんな狭い分野だけで需要があるの?

とビックリされる事が多いですが、需要はありますし、今後無くなることも考えにくいです。

 

ほとんどの時間、動物を相手にする仕事です。

もしも、毎日の満員電車での通勤や、会社での人間関係に疲れてしまったという方は

のびのびと仕事をすることで、気持ちが楽になるかもしれません。

 

そんな方に、この仕事がおすすめな理由を書いていきたいと思います。

 

牛削蹄師(ぎゅうさくていし)の仕事

牛も当然ながら、人間と同じく爪が伸びます。

しかし牛舎など、牛があまり歩き回らない状態で飼われている場合には、自然に爪が削れることがないため、長く伸びすぎてしまうのです。

 

長く伸びすぎると牛のストレスとなり、ケガのもととなったり、乳牛の場合はミルクの出が悪くなってしまう場合があります。

ですから、定期的に爪を切ってあげる必要がありますが、酪農家が自分で全部それをするのも大変です。

 

そのため、牛の爪を切る専門の人がいるのです。

それが牛削蹄師という職業で、専門の資格まであるのです。

 

仕事は牧場の経営者から依頼され、全国各地を移動して仕事をします。

仕事を引き受ける量にもよりますが、想像以上に稼げる仕事のようです。

 

牛削蹄師の資格

牛削蹄師になりたい場合には、師匠のもとに弟子入りしてアシスタントとして技術を学ぶのが一般的です。

そこで助手として数年間の経験を積み、牛の扱い方や爪の削り方を学んでいきます。

 

また、牛削蹄師という民間資格を取得することで、いずれは独立してやっていけるという魅力的な職業でもあります。

この牛削蹄師の資格には、公益社団法人日本装削蹄協会による次のような3つの段階の資格がありますが、ある程度経験を積んでから受講するような感じです。

 

2級認定牛削蹄師

18歳以上の者で、【初歩的な削蹄知識と技術を習得し、牛個体の削蹄ができること】が2級認定牛削蹄師に求められるレベルとなっています。

試験は講習会と試験を2日間にわたって行い、学科試験・筆記試験のそれぞれで合格する必要があります。
受講料19,440円と、試験料28,080円がかかり、資格試験のなかでも結構高額ですので一回の受験で合格をすることが肝心です。

 

1級認定牛削蹄師

2級認定牛削蹄師の認定を受けてから4年以上の実務経験を有する者であって、特に技術優秀と認められる者に受験資格があり、【基礎的な削蹄知識と技術を有し、削蹄経験を積み、牛群の削蹄を業務として遂行できること】が1級認定牛削蹄師に求められるレベルとなっています。

試験は研修と試験などを3日間にわたって行います。
受講料25,710円(公益社団法人日本装削蹄協会の構成員)、38,570円(非構成員の場合)と
受験料:25,710円(公益社団法人日本装削蹄協会の構成員)、38,570円(非構成員の場合)とがかかります。

 

指導級認定牛削蹄師

指導級を受験するには、1級認定牛削蹄師の認定を受けてから9年以上の実務経験または同等以上の技術を有することが必要になります。
指導級認定牛削蹄師には、【専門的な削蹄知識と技術を有し、削蹄と護蹄衛生全般の指導ができること】が求められます。
受講料・受験料は1級と同じです。

私の師匠も1級取得者で独立していましたので、この指導級の資格がなければ牛削蹄師になれないわけではありません。

 

牛削蹄師の良いところ、悪いところ

どのような仕事にも良い点もあれば悪い点もありますし、その価値観も人によって違いますが、私だめおやじが体験して感じたことをお伝えします。

精神的なストレスはない

仕事の悩みのほとんどは人間関係だと言われています。

しかしこの牛削蹄師には、師匠と弟子の2人の関係しかありませんので、相性が合えば重要な戦力として大切にしてもらえます。

 

基本的に助手は、牛の足をロープで固定することが仕事で、その間に師匠が牛の爪を削ります。

牛は怖がるとウンコをしますので、師匠が爪を削っているときに、師匠にウンコがかからないようにスコップなどで遮ります。

 

また、職人の世界ですので、師匠の補助をしながらも技術を盗むことが大切な仕事です。

 

動物を相手にしていますので、人間関係のわずらわしさからは解放されます。

唯一話をすると言ったら、休憩時間や仕事終わりに酪農家の方と少し話す程度になります。

いろんな地方に出向いているので、夜はそこで温泉に泊まったりするので、ゆったりと一日の疲れを癒す事ができます。

 

そして牛削蹄師の最大のメリットといえば、いずれは師匠のもとを離れ独立できることです。

人に雇われているのと、自分で経営しているのとでは、仕事上のストレスが全く違います。

 

「仕事に行くのが嫌だ」という感覚は、やらされていると思うからです。

独立したら、頑張った分だけ自分の報酬として帰ってきますので、感覚が全然違うと思います。

 

肉体的な疲れや危険もあります

良い点ばかりでなく、デメリットもあります。

まずは最初のうちは、とにかく肉体的に疲れることです。

 

そして自分の体がウンコ臭くなることです・・・

これは、風呂に入っても落ちないレベルの話です。

また、夏場はハエだらけなので、虫が嫌いだという人には慣れるまでが大変です。

 

そして多少の危険も伴います。

 

牛は基本的に臆病なので、人間を怖がって逃げて行きますが、狭い場所に数頭の牛が入っているときは、慣れていても気を付けけなければならないです。

壁と牛の間に挟まれるといった事件も起こり得ます。

 

特に和牛は扱いが大変です。

 

一頭あたりの相場は?

この仕事は、牧場との契約で一頭削っていくら、という金額が決まっています。

私が働いていたときは、一頭2,000円だったと聞いていますが、相場は2,000円から4,000円のようです。

 

これを二人で、1日だいたい40頭は削っていました。

ですから、2,000円×40頭で、最低の相場でも1日で80,000円は稼げる計算になります。

後は契約している牧場の数の問題です。

 

しかし必要になる経費は、交通費、飲食代、宿泊代がほとんどです。

在庫も持たず、材料費などもかからないため、他の業種にくらべて利益率は高いです。

 

たとえば飲食店経営の場合なんかは、材料費3割、人件費3割で、残った4割の中から家賃、水道光熱費などを支出しなければなりません。

家賃も10万円以上はかかるでしょうし、飲食店の水道光熱費は、家庭とは比較にならないほど高くなります。

 

将来的に、独立して自分でやっていきたいと思っている人にとって牛削蹄師は、在庫なしで経費が少ないというメリットがあり、おすすめできます。

 

まとめ

牛削蹄師は動物を相手にしていますので、嫌な人間と毎日顔を合わせる必要もないですし、接客業のように、理不尽なクレームにも耐えて頑張るようなストレスとは無縁です。

同じ動物を相手にする仕事でも、酪農家や動物園で働く仕事もありますが、この牛削蹄師は【独立のしやすさ】では一番なのではないかと思います。

一国一城の主となれば、ストレスとは無縁で自分の仕事が全て自分の報酬として返ってきます。

 

たった2人だけで在庫も持たず、材料費もかからず、1日に少なくても80,000円を稼ぎ出す。

そんなことが普通に可能な職業です。

 

ということで、人間関係につかれた人で、会社勤めはもうしたくないという方には、将来の独立や高収入も期待できるという牛削蹄師はかなりおすすめです!

楽な仕事No.1 新着の治験ボランティア

-精神的に楽な仕事

Copyright© 三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.