仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】

毎朝早起きして新聞配達を副業に

投稿日:

新聞配達のアルバイトというと、私も小学生の頃に毎日早起きして配達していました。

本来は小学生を働かせるできないのですが、昔はそのあたりの規制が緩かったのか、健康のためにという目的もあり、多くの小中学生が配達していたのです。

 

当時は1日の配達件数が40件くらいで、月に5,000円貰って喜んでいました。

良いように使われていたな、なんて思いますが、これでゲームのソフトを買ったりできました。

時給にすれば、多分100円くらいだと思いますが、朝の新鮮な空気を吸って、体を鍛えることにもなりますし、やってて良かったなと思っています。

 

そんな新聞配達ですが、大人がやると時給は意外にも高いです。

決して楽な仕事とは言えませんが、一人ですから人間関係のストレスを受けることもありません。

副業としても最適だと思いますので、今回は新聞配達について解説していきたいと思います。

 

新聞配達員の仕事内容

配達する件数にもよりますが、早起きして新聞配達店に出勤します。

まずはそこで、自分が配達するする新聞にチラシ広告を挟み込んだりする前準備があります。

 

準備が完了したら、バイクや自転車で配達エリアに出向いて配達をし、全件配達が終われば作業終了、そのまま直帰となります。

 

この他にも、集金や新規開拓、さらに更新手続き等の仕事もありますが、アルバイトは基本的に配達のみのようです。

そのため、配達のみでの募集に応募することが肝心です。

 

会社での人間関係から受けるストレスを避けるためにこのアルバイトをするのに、集金や営業までやったら余計にストレスが溜まってしまいますよね。

 

短時間だが時給は意外と高いです

時給に関しては、地域にもよりますが早朝ということもあり、地方でも1,000円以上はもらえます。

しかし働く時間は短いため、月収にすると4、5万といったところでしょうか。

 

しかし短時間でこれだけの金額を稼ぐことができるため、魅力的な仕事でもあります。

時間的に本業にも影響せず、副業としては最適です。

 

新聞配達の仕事のデメリット

短時間で意外と稼げて、人間関係のストレスもない新聞配達ですが、デメリットもあります。

まずは、雨の日は新聞が濡れないようにする必要があるため大変なので、いつもより時間がかかります。

 

それと、実際に配達をすると感じるのですが、責任のある仕事がプレッシャーになるのです。

急に具合が悪くなっても休めませんし、前日の夜に遊びに行ったりしたときに、明日早く起きなければいけないというプレッシャーを感じてストレスになります。

また、副業として働いていた場合、本業が休みでも新聞配達は休みではないため、本当に丸1日休める日がありません。

 

このように、天候の影響を受けることや、毎日働いて急に休めないプレッシャーがあることがデメリットとなります。

 

まとめ

新聞配達は短時間で稼げて、副業にも最適です。

また、人間関係からのストレスもないし、体を動かしちょっとした運動にもなるという良い点もあります。

 

しかし、【責任感と自己管理能力】が必要な仕事です。

もしもこれがプレッシャーとなるのであれば、集金のみのパートで働くという手もあります。

集金の場合、何度も同じ家に足を運ばなければいけない場合も出てきますが、時間に縛られることなく仕事ができるメリットもあります。

 

以上が新聞配達の仕事の紹介でした。

 

楽な仕事No.1 新着の治験ボランティア

-精神的に楽な仕事

Copyright© 三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.