仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】

うつ病からの復活に最適なポスティングスタッフの仕事

投稿日:

毎日のようにポストにはいろんなチラシが入ってますよね?

中古車の広告や、ピザのデリバリー、新しくお店がオープンしたときのチラシであったり、求人のチラシなどです。

 

これらのチラシは、誰かが日中にポストに入れているのですが、どんな人達が入れているのでしょう。

 

ポスティングの専門業者

例えばピザ屋さんであれば、注文が入っていないヒマな時間帯には、ポスティングをして歩きます。

新しいお店がオープンする場合などは、そこで働く従業員が、開店前の研修のほか、チラシを配ったりもします。

 

このように、基本的にそこで働く従業員がポスティングを行なっているのですが、忙しいときには、なかなかそこまで手が回らなかったりします。

そんなときには、ポスティング業者に依頼することで、さらに広いエリアで、より多くのお客さんに対して宣伝が可能になります。

 

また近年では、折り込みチラシを入れるにしても、新聞の発行部数は年々下がっています。

 

さらに、それぞれのお店のスタッフが同じポストに入れていくよりも、1人が複数のお店のチラシをまとめて一度に配るほうが効率的ですよね。

 

そこにポスティング業者の需要があるのです。

基本的にポスティング業者は、複数のお店のチラシを一緒に配ることで効率化をはかり、利益を得ています。

 

ポスティングスタッフの仕事内容

ポスティングスタッフは、担当するエリアが決められますので、そこにチラシを配っていきます。

 

配る時間帯に関しては、基本的に自由に決められますが、暗くならないうちに配り終えるよう指導されるようです。

自由だといっても、夜暗くなってからだと、怪しまれますし、印象も良くありません。

 

仕事は一人で黙々と行うことができますので、人間関係からのストレスはありません。

しかし、誰も見ていないからといって、手抜きをして、チラシを配らずに持ち帰ってしまったりする訳にもいきません。

 

エリアは決まっているため、不正をするとすぐにバレてしまいます。

例えば、1000枚のチラシを配ったら通常は少なくても1%の反応があるなどと、データがありますので、サボると仕事がなくなります。

 

待遇面はどうなっているのか?

この仕事は、アルバイトとして雇われますが、時給制ではありません。

一部配っていくら、というように配った枚数によって自分の給料が左右される完全出来高制です。

 

まじめに一生懸命やらないと稼げません。

 

応募した求人が、仮に1枚配布すると3円の報酬が貰えるとすると、1時間で200枚配って600円です。

私はピザ屋でアルバイトした経験がありますが、地方都市だと、1時間で200枚配るのはかなり大変ですよ。

 

ですから、この仕事であまり高い給料は望めないのです。

 

ポスティングの仕事のメリットとデメリット

この仕事をする上での最大のメリットは、人間関係のストレスが無いことです。

さらに、仕事が運動にもなり、うつ病を経験した人が、社会復帰するためには、一番おすすめできる仕事だと思います。

 

そしてデメリットとしては、天候に左右されるところです。

また、チラシをポストに入れている時に、ちょうど住人に会ったりすると気まずく、大抵は嫌がられます。

 

特にアパートやマンションの集合ポストに入れる際には、管理人に見つかると、止めてくれと怒られる場合もあります。

 

このように、良い面だけでなく、ストレスがかかる場合もありますが、仕事を続けていくと慣れてきます。

はじめはビクビクしながらの仕事も、いつの間にか、挨拶しながらできるようになりますよ!

 

以上がポスティングスタッフの仕事のご紹介でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

新着の治験ボランティア

 
楽に稼げるうえに社会貢献もできる治験の仕事はこちら↓
高額謝礼!非公開案件多数!治験モニター募集
 
治験モニター募集






-精神的に楽な仕事

Copyright© 三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.