仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】

【女性向き】図書館司書の仕事

投稿日:

図書館の職員を見てると、「環境の良い静かな場所で仕事がゆったりとできて羨ましいな」、などと思ったことがありませんか?

静かな場所ですから、お客さんとして来る人の質も良いのではないかと思いますし、仕事自体も楽なのではないかと思ったりします。

 

例えば、パチンコ屋さんで働くスタッフと比べると分かりますが、パチンコ屋の環境はとても騒音が大きく、またお客さんも図書館に来るような人に比べたら、扱いの大変な人も多いと思います。

 

しかし、楽だと思われがちな図書館司書の仕事ですが、想像よりも大変な部分もあるようです。

そんな図書館司書について、解説していきたいと思います。

 

図書館司書になるには

図書館司書には資格がありますが、この仕事をするために必須のものではありません。

しかし資格を持っていれば、就職に有利ですし、給料面の待遇も良くなります。

 

この図書館司書の資格ですが、司書の他に司書補という資格も存在します。

名前の通り図書館司書を補佐するのですが、実際は同じ業務を担当するようです。

 

これらは学歴によって道が別れているのですが、短大か高等専門学校卒以上でないと取得できないのが司書で、高卒でも取得できるのが司書補になります。

しかし司書補でも、3年以上図書館での勤務を経験することにより、司書になるための講習を受ける資格を得ることができます。

 

図書館司書の仕事内容

図書館司書の仕事は、本の貸し出しや、返却された本を棚に戻す仕事だけだと思っている人がいると思いますが、その他にもいろんな業務があります。

 

例えば、貸し出した本の管理をするため台帳に記入するが、返却されていない場合には催促することもあります。

また、朝一番での図書館内の清掃業務もあります。

さらに、新しく入庫する本を選択することや、古い本の廃棄などもあります。

 

その他に、図書館に来る人の質問に答えられるような本に対する知識も必要となるため、常に勉強し続けることが必要です。

 

図書館司書の良い点・悪い点

良い点は、静かな環境で働けることが大きく、他の会社に就職することに比べれば、環境は良いです。

本が好きだという人にとっては、まさに天職となる良い仕事だと思います。

 

しかし逆に悪い点は、まず給料が高くないことが上げられます。

求人情報を見ても、ほとんどが時給制で、その時給も決して高くないです。

 

また、図書館司書は楽に思われがちな仕事ですが、本も重いので、想像よりも重労働であることが上げられます。

さらに、中には図書館に相応しくない人や、クレーマーもいるため、人に接することがストレスに感じてしまうこともあるようです。

ですから、外から見るよりは大変な仕事であるというのが結論です。

 

以上が、図書館司書の仕事のご紹介でした。

 

楽な仕事No.1 新着の治験ボランティア

-資格取得して現状脱却

Copyright© 三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.