仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

日本で1番弱者にやさしい【楽な仕事全集】

『カギ屋さん』感謝されるやりがいのある仕事

投稿日:

よくホームセンターなどで、鍵屋さんのスペースがあったりします。

普段何気なく通り過ぎてしまいますが、お客さんが並んでいるところなんて見たことがありません。

そこで、どんな仕事しているのか気になっている方も多いと思います。

そんなに忙しそうには見えませんが、なぜやっていけるのでしょうか?

 

カギ屋さんの仕事内容

カギ屋さんは、合鍵を作ったり、カギを無くしてしまった場合に開けてあげることが仕事です。

ですから基本的には、お客さんからの依頼が来てからの仕事となります。

だからホームセンターにある鍵屋さんは、いつも暇そうに見えるのかもしれません。

 

積極的に営業をかける仕事というよりも、待ち仕事のため時には忙しく、時には暇になったりするので、普通の会社員のように決まった仕事をこなすだけというわけではありません。

状況に応じて臨機応変に対応し、お客さんの期待に応えなければならないのです。

 

お客さんはカギが開けられなくて困っている状況ですから、「明日お伺いします」というわけにもいかず、すぐに現場に急行して対応しなければなりません。

そのあたりが普通のサラリーマンとは違います。

 

カギ屋さんで働くにはどうしたらよいか

鍵師としての実力を示すものとして、日本鍵師協会が行っている技能検定試験があります。

この資格の受験資格は、満年齢18才以上、日本国籍所有者で前科等のない者とされています。

前科がある者ではダメだということですが、やはり鍵を扱う仕事ですので、信用が大切ということですね。

 

資格の種類には、技能のレベルによって、二級鍵師→一級鍵師→マスター鍵師と三段階になっています。

試験は実技試験と筆記試験があり、開催地は東京のみです。

 

この資格がなければ鍵屋さんに就職できないわけではないのですが、資格を持っていることで就職は有利になるでしょう。

鍵屋さんに就職して経験を積み、技術を磨いていけば、いずれは独立して自分一人でやっていくことも可能なところがこの仕事の魅力です。

待遇面でも、特殊な技術を持っているためか、求人情報を見ても20万円以上で賞与ありと、比較的高い求人が多いです。

 

カギ屋さんで働くメリットとデメリット

普通のサラリーマンなら、いくら仕事をしても出来て当たり前で、感謝される場面は考えられません。

それに比べて、カギ屋さんの場合、今困っているお客さんの期待に応えることで感謝されます。

しかしそれには、どんなタイプの鍵であろうと対応できる技術を身に付けなければなりません。

 

カギも時代とともにどんどん進歩しています。

今までの古いタイプの鍵だけでなく、新しい技術も身に付けていけるように日々勉強が必要になります。

もしお客さんの所に出向いてから、自分には難しくて手に負えない場合、上司を呼んで対応してもらわなければならない場面も出てきます。

それが現場でのプレッシャーとなり、ストレスになる場合もあると思います。

 

以上がカギ屋さんの仕事のご紹介でした。

同僚からの人間関係のストレスは少ない反面、自分の技術を常に磨いていかなければならないプレッシャーもあります。

しかしお客さんから感謝される仕事なので、普通のサラリーマンよりもやりがいは感じられるでしょう。

 

 

だめおやじ推奨の楽な仕事No.1はこちら

 
まずは副業として土日からはじめるならこちら
 
治験モニター募集

様々な案件が多数あるので自分に合ったものを選べる





-人によっては楽だと感じる仕事

Copyright© 日本で1番弱者にやさしい【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.