離人症が勝手に治ってしまった話

離人症の感覚

私だめおやじは、中学生の頃に悩まされていた症状があります。

それが何なのか、自分にしかない症状なのか?

それとも誰しもが持っている感覚なのかは、誰にも話していなかったので分かりませんでした。

インターネットが発達した現代、何でも調べることができるようになり、当時の症状が【離人症】と呼ばれるものだということが分かりました。

※当時の医師の診断があったわけではなく、あくまでも個人的に症状が似ているということです。

 




離人症の感覚とはどんなもの?

私が中学生の頃の数年間、ずっと悩んでいた体の不調があります。

それはこのようなものです。

水中で生活しているような感覚

今夢を見ているのか現実なのか分からなくなる

自分だけが時間がゆっくり進んでいるように感じる

周りの人の会話は聞こえるが頭に入ってこない

 

いかがでしょうか?

私と同じような症状を持っている方がいらっしゃるでしょうか?

 

これだけ見ると、本当に病んでいますよね。

知らない人にとっては特に、水の中ってどういうこと?と感じるかもしれませんが、水中ならゆっくり動きますよね?

そして声もハッキリと聞こえなくなります。

 

うまく言えないのですが、とにかくそんな感覚です。

 

この症状が1週間も続きます。

そして治ったかと思ったら、また1週間続くというのを繰り返します。

症状が出てきた時には「うわ、またかよ」と思うのですが。

 

これで普通に生活できるのか?という疑問を持たれて当然だと思いますが、何とか生活できてました。

周りの友達には、おかしな奴だと思われていたかもしれませんが、恥ずかしくて誰にも話さずに過ごしました。

 

なお、Wikipediaでは次のように解説されています。

離人症(りじんしょう、英: Depersonalization)とは、自分が自分の心や体から離れていったり、また自分が自身の観察者になるような状態を感じること。その被験者は自分が変化し、世界があいまいになり、現実感を喪失し、その意味合いを失ったと感じる。慢性的な離人症は離人感・現実感消失障害 (DPD)とされ、これはDSM-5では解離性障害に分類される(DSM-IVの離人症性障害)

ある程度の離人症や現実感喪失は、一時的な不安やストレスなどによって誰にでも起こり得るものである。慢性的な離人症は、重度の精神的外傷、長期持続したストレス・不安などに関係している。離人症・現実感喪失は解離性障害スペクトラムにおいて最も重要な症状であり、これには解離性同一性障害や特定不能の解離性障害などが含まれるグループである。さらにそれ以外でも、不安障害、うつ病、双極性障害、統合失調症、スキゾイドパーソナリティ障害、統合失調型パーソナリティ障害、境界性パーソナリティ障害、強迫性障害、偏頭痛、睡眠不足などでも顕著な症状である。またこれは、ある種の神経学的痙攣の症状でもあり、これは脳のセロトニンレベルが低いことを示す可能性がある

引用元:Wikipedia

この病気の症状は、10代の頃に発症することが多いそうですが、私の場合にもまさに時期が一致しています。

しかしごくまれに、40代になっても発症してしまうこともあるそうです。

 

何もしていないのにいつの間にか症状が出なくなった

同じような症状に悩まされている人で、このまま治らなかったらどうしようと思っている方もいると思います。

しかし私の場合は数年ほどで治まり、その後は全く発症しなくなりました。

病院に行ったわけでもなく、自然に治ってしまいました。

 

しかしこの離人症は、うつ病や統合失調症も一緒に併発するような病気で、甘く見ることのできない症状です。

当時のことを思い出すと、私の場合、原因としては、幼少の頃のトラウマが原因となっているのかもしれません。

私は親の愛情を感じることができずに育ったためです。

 

最後になりますが、今現在この症状で悩んでいるかたに言いたいのは

自分だけに起きている症状ではなく、若い人に比較的多い

このまま一生続くのではないかというのは、心配のし過ぎである

ということです。

 

私の場合は、誰にも言えなかったのですが、家族や友人に理解してもらうためにも、話してみるのも大切だと思いますよ。

 

-うつ病・癒し

Copyright© 三重苦だめおやじの楽な仕事全集 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.