ラクな職種の具体例はこちら

ゲーセンの仕事は楽しい?3ヶ月バイトした元ニートが解説

ゲームセンターでの仕事について、楽な仕事なのか解説します。

  • 一日の流れ
  • どんな仕事内容なのか?
  • 楽しい職場なのか?

実際に3ヶ月働いてみての経験です。

 

ハッキリ言って、この仕事は音もうるさく、向き不向きはあります。

でも体力的には、楽な部類に入る仕事です。

興味のある方はぜひご覧ください。

ゲームセンターの仕事(社員・バイト)の内容と一日の流れ

この仕事は、平日なのか、土日なのかによって勤務体制は異なります。

平日のあまりお客さんの来ない時間帯なら、管理者と2人となる場合もあります。

土日なら複数の人と、一緒に働くようになるでしょう。

アルバイトなら、午前中勤務や午後のみ勤務のように、短時間でのシフトにも対応してくれるので、働きやすいです。

 

簡単な一日の流れはこちら

  • 朝礼
  • 電源を入れる
    一度に全ての電源が入る
  • ゲームの掃除(ガラス面など全て)
    床の清掃
    灰皿の清掃
  • トイレの清掃
    一人で、大きな職場なら2人、便器磨き、トイレットペーパー補充、床をブラシ、鏡みがき、洗面所の清掃、清掃した人の名前記入(何時に掃除したか)
  • コインや小銭の補充(新人はやらせてもらえない)
  • 受付には小さな金庫あるので、直接来たお客の両替(両替の機械は上役の仕事)
  • 接客対応
    UFOキャッチャーなら、引っかかった場合に開けて落としてあげたり、商品の変更依頼があって対応可能ならなるべく応える。お金が詰まった、入れたのにゲームが始まらない等の場合の対応。受付で引き換えになる商品の手渡しなど

さらに、通常の業務の他に、次のような仕事もあります。

  • 商品の説明ができるように勉強
  • イベントに向けてパソコンでチラシ作りや飾り付けなど

一見楽な仕事に見えても、やることは結構ありますね。

 

仕事のメリットやデメリット

ゲームセンターで働くときの良かったところ、逆に大変な面を解説します。

メリット

  • 仕事は体力的に楽
  • 仕事時間が短時間でも対応してくれる。
    午前4時間(10〜14)
    午後4時間(14 〜18)
  • 他のゲームセンターに行ったとき、UFOキャッチャーの設定の甘さが分かるようになり、無駄なお金を使わなくて済むようになる

デメリット

  • とにかく音がうるさいが、気にならない人もいるので人それぞれ
  • 人間関係は変な奴がいる確率が高い。話し方がなってない、仕事を教えてくれない等

 

お客さんのトラブル対応

最近までは、ゲームセンターには16歳未満の子供は、夜の6時以降はお断りしなければならなかったのですが、近年法改正がありました。

現在では、保護者同伴なら22時まで遊ぶことが可能となっています。

 

もしもルールを守らずにいるお客さんがいた場合、注意をしなければならない場面にも遭遇するでしょう。

ゲームの機械を叩いていたり、上に乗っていたり。

大人数になると、悪ふざけをしてしまう人間も出てきます。

 

そんなお客さんに対して

トラブルにならないように気をつけながらも、注意しなければならない

のです。

 

以上がゲームセンターの仕事の、かんたんなご紹介でした。

 

ラクな職業の具体的はこちら

-肉体的に楽な仕事