仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

日本で1番弱者にやさしい【楽な仕事全集】

【難しそうなのはイメージだけ】貿易事務の仕事

投稿日:

大きな会社になると、海外に自社の拠点を置いて、そこに部品を輸出して製品を作ったりしています。

たとえ輸送費をかけたとしても、人件費の安い地域で製品を作った方がコスト削減につながるためです。

また、完成品を国内に輸入したりもします。

 

このような輸出入の手続きを社内で行うのが貿易事務の仕事となります。

貿易と聞くと、仕事もすごく難しそうだと思われがちですが、実際には耳慣れない専門用語が多いだけで、やっている仕事の範囲は狭く、覚えやすいのです。

 

貿易事務の仕事に就くためには

なんかすごくカッコいいイメージのある職業ですが、どんな人が働いているのでしょうか?

英語の能力はどの程度必要か?

英語がペラペラで仕事もできるエリートが働いている、そんなイメージを持っていませんか?

たしかに英語はできた方が良いですが、最近はインターネットの翻訳も優秀になり、必須ではありません。

 

基本的に、海外の同じ担当者とのメールのやり取りが基本になりますし、文章も定型文を送る場合がほとんどです。

ですから英語は、働きながら自分で勉強して覚えていけば大丈夫です。

 

持っていると有利な資格

新卒ではない限り、中途採用だと即戦力としてある程度の資格がないとこの仕事に就くのは難しくなります。

 

まず、一番有利になるのは【通関士】の資格です。

そして次に【貿易実務検定】になります。

さらに、英語力を証明する資格は有利になるでしょう。

 

この中でも特に通関士の資格は、難関資格であり、取得すれば貿易のスペシャリストとして尊敬される存在になり、活躍の場も広がります。

 

貿易事務の仕事内容

物を輸出するときに、どこからが輸出したことになると思いますか?

例えば、車の部品をアメリカに輸出する場合、この部品はいつ輸出したことになるのでしょう。

 

日本のEEZを出た時でしょうか?

それともアメリカに荷物が到着した時だと思いますか?

 

実は、日本国内の指定の倉庫内で、通関の手続きを終了した時点で、内国貨物→外国貨物になるのです。

 

ですから、例えば車の部品の一つを箱に入れ忘れてしまった場合でも、出荷した箱を開けて部品を入れることはできません。

たとえすぐ目の前にその箱がある場合でも、それはすでに外国の貨物であるためです。

 

すでに外国貨物となっているため、輸入手続きを取らないと忘れた物を入れることができないのです。

 

このように、輸出入は厳格に管理されています。

これは、関税という税金に関わるものだからなのです。

 

輸出担当者の仕事

輸出担当者は、Invoice、パッキングリスト、船積依頼書を作成し、通関手続きを行う業者へ送ります。

 

Invoice(インボイス)とは、送り状のことです。

送り状(英語: Invoiceインボイス)とは、貿易取引において、船荷証券と並ぶ最重要書類の一つ。

通常、単に「送り状」、「Invoice」と言った場合は、商業送り状(Commercial Invoice)を指すことが多いが、他にもいくつかの種類が存在する。

Wikipediaより引用

 

輸出をする場合には、インボイスなどの書類が必要となり、この作成をするのが貿易事務の仕事になります。

インボイス、パッキングリスト、船積依頼書と聞くと難しそうですが、いずれも通常は会社で定型の書類がありますから、そこの商品名や数字、日付などを変更するだけです。

 

輸出の仕事で重要なのは、いかにコストを抑えて送ることができるかです。

急ぎの場合にはどうしても高くなりますが、納期に余裕があるときは飛行機ではなく船便を選択することで、安く送ることもできるのです。

また、小口の物を簡単に送るにはクーリエ(国際宅急便)を利用したりします。

 

輸入手続きの仕事

輸入の場合には、輸出とは違い関税が関わってきます。

貨物が到着したら、インボイスなどの輸入に必要な書類を通関業者へ渡します。

 

輸入申告の手続きは複雑ですが、通関業者が、税関に対して関税や消費税の納付を代行して行い、国内の配送の手続きまで行ってくれます。

 

まとめ

貿易事務の仕事と聞くと、難しく考える人も多いですが、型は決まっています。

また、難しいことは通関業者に相談することもでき、より安く送るための提案もしてくれたりします。

 

仕事も同じことを繰り返すことで、覚えやすい部分もあり、働きながら英語を身につける人も多いです。

 

中途採用でこの仕事をしたいなら、まずは資格を取得することが大切です。

 

一番難しい通関士でも、1年間本気で勉強すれば、合格レベルまで行くことが可能です。

日本で一番有名な資格である宅建士の倍くらいの難易度でしょうか。

 

マイナーな資格ではありすが、取得して人生をやり直すには、おすすめの資格です。

 

貿易の仕事ですから、将来性もあります。

まさか日本が鎖国でもしない限り、仕事がなくなる心配もいりません。

 

また、基本的に少人数での仕事のため、人間関係のストレスも少ない職場が多いのもメリットですね。

以上が貿易事務の仕事のご紹介でした。

治験モニター募集中

-資格取得して現状脱却

Copyright© 日本で1番弱者にやさしい【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.