仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】

列車見張り員の仕事

投稿日:

列車見張り員の仕事は、線路やそのすぐ近くを工事する場合に、作業員の安全を確保するため、列車の接近を見張ってそれを知らせるお仕事です。

電車の線路に、旗を持って目立つように全身黄色い服を着て、ずっと立っている人を見たことがないでしょうか?

それが列車見張り員として仕事をしている人です。

 

作業員の命を預かる列車見張り員

ただ見ているだけなので、楽なのではないか?

などと思われがちな仕事ですが、意外に大変な部分もあるようです。

 

作業員が安全に作業できるようにするために見張るわけですから、自分だけ適当にやるわけにもいきません。

しかし、普通のサラリーマンよりも人間関係の煩わしさは少ないので、人によってはストレスがない分良い環境なのかもしれまん。

 

そんな列車見張り員について、良い点、悪い点を解説していきたいと思います。

 

列車見張り員の仕事内容

列車見張り員の仕事は、線路の点検や修補を行う作業員が、安全に仕事ができるように、列車の接近を知らせるのが仕事です。

そのため、非常に責任感のある仕事です。

 

具体的には、列車のダイヤを確認しながら、トランシーバーからの情報を確認して、これから来る列車の接近を、10分前、5分前・・・というように、作業員に対して段階的に伝えていきます。

そして列車が通過する際には、運転手に作業員の退避が完了したことを旗を掲げて知らせます。

 

見ているだけのとても簡単な仕事のようですが、作業員の命を預かる仕事なので、その責任は重大です。

人とあまりコミュニケーションを取らなくて済むといっても、それが大きなプレッシャーとなってしまうかもしれません。

 

列車見張り員になるには

この仕事をするためには、列車見張り員の資格を取得しなければなりません。

そのためには、まず仕事を請け負っている警備会社の募集に応募することから始まります。

そこで資格を取得して、列車見張り員として働くことができるようになります。

 

また、この列車見張り員の資格は、合格後も一年毎に講習会に参加して更新しなければなりません。

簡単に取れる資格ではあるのですが、人の命を預かる仕事のため、その後はきちんと能力を保持しているかどうか厳しく管理されている資格なんですね。

 

列車見張り員の給料

これは就職する警備会社によっての変わってきますが、日給でだいたい8,000円~12,000円の間となっています。

それに額は少ないですが、資格手当がプラスされる会社もあるようです。

 

また、正社員として警備会社に就職した場合には、この列車見張りの仕事だけでなく、通常の交通整理など他の職場にも回されると思いますので、この列車見張りの仕事だけをやりたいのであれば、最初から列車見張り員の募集に応募することが肝心です。

求人によっては全くの未経験からでも会社が資格取得までをサポートしてくれる場合もあるようです。

 

この仕事の大変なところ

体力的には楽ですが、やはり命を預かるというプレッシャーがあります。

さらにずっと立っているというのも想像するより大変で、特に冬の寒い日などは、防寒には工夫が必要です。

 

また、都会での仕事なのか地方での仕事なのかによっても電車の本数は全然違います。

都会の複雑なダイヤの中での仕事は、ボーっと立っているだけの簡単な仕事というわけにはいきません。

 

以上が列車見張り員の仕事の解説でした。

楽な仕事No.1 新着の治験ボランティア

-肉体的に楽な仕事

Copyright© 三重苦だめおやじの【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.