パチンコ店閉店後の清掃業務は短時間で副業にも最適

パチンコ店の清掃の仕事

副業やるなら、時間的にもやりやすい最適な仕事があります。

それがパチンコ屋の閉店後の清掃の仕事

その専門スタッフとして、アルバイトの募集をしている店がたくさんあります。

しかも、日本全国どこにでもあるパチンコ店です。その働き口もたくさんあり、通勤に困ることもありませんね。

 

私は田舎の人口5千人程度の小さな町に住んでいたのですが、そこでもパチンコ店があり、私の祖母がそこで夜間の清掃業務のアルバイトとして働いていました。

祖母はもう亡くなってしまいましたが、当時70代後半でも働いていたので、若い方ならなおさら体力的に問題とはならないと思います。

 

そんなパチンコ店の閉店後の清掃業務について、ご紹介していきたいと思います。

 

業務内容と時間

パチンコ店にもよると思いますが、大体は夜の11時に閉店となります。

その後に店内の清掃をするのですが、毎日12時半ぐらいまでの約1時間半から2時間という短時間での勤務となります。

 

清掃する場所は主にパチンコ台や床、トイレの掃除、さらにゴミの回収などですが、最近のパチンコ店は昔とは違ってとても綺麗な店も多く、働きやすいと思います。

昔なんか、床にはタバコの灰を落とす人、タンを吐く人がいたため、玉を拾ったら手が黒くなるほど汚かったですよね。

 

しかも、仕事内容もすぐに覚えられる内容ですし、パチンコ店といえども閉店後ですから静かな環境で仕事ができます。

 

店内の規模にもよりますが、私の祖母は1日3人体制での清掃業務だったようで、土日だけ週に2回ほどアルバイトをしていました。

年齢層も幅広く、若い人から年配の方までいるので、少ない人数で同僚からのストレスなく仕事をすることができるようです。

 

給料などの待遇面

給料は時給で最低でも1,000円以上は稼げます(日給制というお店もあり。例えば2,300円程度)

それでも短時間の作業になりますので、1ヶ月の給料は生活できるほどには貰えませんが。

もし1ヶ月で5万円稼ぎたいのであれば、平日は毎日働く感じではないと稼げません。

 

ですが、深夜の時間帯なので本業に影響せず、副業としては最適だろうと思います。

シフト制となっていて週2日程度から働けますが、土日に勤務できる方は優遇されるようです。

 

パチンコ店清掃業務の利点

利点はたくさんあります。

高時給

深夜に働く利点の一つが給料が高めなこと。

まずは給料面でも、仕事の割には高時給となっていることです。

この時給は深夜手当が含まれている金額となっているお店が多いです。

時間帯

作業時間が23時からの、長くても2時間程度となっていますので、本業に支障が出ることなく副業をすることが可能です。

お小遣い稼ぎにはちょうど良い金額を稼ぐこともできます。

環境の良さ

そして店内の環境も、昼間のようにうるさくなく、静かに清掃業務をすることができるうえ、今のパチンコ店はお店自体が綺麗です。

トイレ掃除というと、公共施設を思い浮かべると大変なイメージですよね?

しかし公園など、他のいろんな公共施設のトイレ掃除よりも、かなり清潔な環境で仕事をすることができます。

黙々と働ける

店内にはお客さんは居ませんので、接客をする必要もありません。

スーパーなどの常にお客さんの出入りがあるトイレ掃除に比べたら、その点は恵まれています。

年齢層の広さ

私の祖母が働いていたように、高齢者でも応募できるのは魅力ですよね。

 

仕事上のデメリット

年配の方でもできる仕事のため、体力的には問題ないと思いますが、デメリットもいくつかあります。

プレッシャー

同僚からのストレスもあまりないのですが

パチンコ店の社員より立場が下となるため、お店によっては社員からのプレッシャーやストレスはあるかもしれません。

シフト制で繁忙期に休みづらい

パチンコ店にとっては稼ぎ時となる、お正月やゴールデンウィーク、お盆などの長期連休は、ここで休みを取ることは難しいです。

そのため、この期間に家族で旅行に出かけたりすることはできなくなってしまいます。

 

以上が深夜のパチンコ店清掃業務の解説でした。

デメリットよりメリットが多い仕事ですね。

 

あと少しだけお小遣いがほしい人にも、始めるにはやりやすい仕事だと思います。

いきなりフルで働く仕事を選ぶより、週に2回、短時間でしかも高齢者でも働くことができる仕事ですのでおすすめです。

 

-肉体的に楽な仕事

© 2021 楽な仕事.com