アヌンナキと人間の関係

部屋で手軽に自然を楽しむことができる、それがアクアリウムです。

泳ぐ魚、緑の水草水槽を見ていると、本当に癒やされるんですよ。

 

慣れてくると魚やエビたちは、飼い主が近づくだけで、ガラス面に寄ってくるようになります。

ここでは、魚、エビ、水草、バクテリアで、小さな生態系ができています。

 

でもフッと思い浮かぶことがあります。

 

水槽の中の生き物は、自動的に降ってくるエサを食べて生きていて、飼い主との間には『絶対的な差』があるのだと。

 

この差は、今の地球で人間と、人を作ったとされるアヌンナキの関係と大差がないのではないか?

と思うのです。

 

「は?なに言ってるんだ!人間は知的生命体だぞ」

とあなたは言いたくなるかもしれません。

食物連鎖の頂点に君臨し、地球の支配者としての人間

そう思っているのは、当たり前のこととして疑いもしないでしょう。

 

ですが、太古の昔から伝説が残っており、真実だとしたなら一緒です。

ミッシングリンクの問題もあります。

ヒトとサルの間には、その進化の過程にある中間の種が未だ見つかってはいないのです。

 

神と崇められたアヌンナキと人の差

自然に生きていた魚を『ただ飼っている』だけの人間ではなく、人間を『作った』のですから、アヌンナキと人類との差は、さらに大きいですね。

まさに神です。

 

そのアヌンナキは、太陽を3600年周期で公転しているとされる惑星ニビルから来ています。

地球にきた目的は、金を採掘するため

その採掘をするための労働力として、人間を作ったとされています。

 

なぜ金が必要だったのか?

その理由は、核戦争で破壊されてしまった惑星ニビルのオゾン層を、金を使って修復するというもの。

 

でも、あなたはこの理由を聞いて、どう思われるでしょうか?

 

惑星間の移動をして、人間を作るほどの科学技術の発達しているアヌンナキが、ただの物質的な金属が欲しいのか?

オゾン層にしても、他に修復する方法はないのか?

自分たちだけで採掘するのが大変だからといって、わざわざ人間を作って働かせるほど、時間的な余裕があったのか?

きちんと働けるまで育て上げるのに、いったいどのくらいの途方も無い年月が経ったのでしょうか?

疑問点ばかりですね。

 

なので、人類を作ったアヌンナキは信じても、この理由だけは納得できないのです。

 

アヌンナキが地球へ来た理由

人間が感えもつかないであろう理由が、他にあるはず・・・

ちょうどエサをもらうだけの魚が、飼い主がなぜエサをくれるのか?

それを理解することができないように

 

でも、共通点としては、飼い主にも利点があるということ

これだけは確実でしょう。

 

では、人間の価値とはなんでしょうね。

三次元の物質的なものや、人と同じようにお金などを欲しがるとは思えません。

物質的なものではないとしたら魂、精神ではないのか?

 

物質的な肉体の上には、エーテル体・アストラル体・メンタル体・コーザル体・ブッディ体・アートマ体があります。

そのエネルギーを利用しているのではないのか?

そしてそのエネルギーは、負のエネルギーなのか、愛のエネルギーなのか、知る由もないです。

 

しかし人には価値があるからこそ、作られ、これまで生かされて来たのです。

 

-スピリチュアル