大金が入ると逆に失うものも大きいその理由

思っても見なかった大金を手にしたとき
人は変わります。

あなたも身近で見たことがありませんか?

いったいどこが変わるのか?

 

変わると言っても、正確にはまったく別の人に変化するわけではありません。

どう変わるのかと言えば、それは元々その人が持っていた本性が増幅されるのです。

まるで細菌を培養して検査するときのように。

 

そのため「え?同じ人なの?」というような変化を遂げてしまいます。

ずっと隠していて表に現れなかった性質、潜在意識がモロに出てきます。

良い面も悪い面も強調されるのですね。

 

つまり、良くなってより幸せになる人もいれば、それとは逆に、悪い性質が増幅されてしまい、不幸になってしまう人もいます。

これが幸せなお金持ちと、ただの成金との違いですね。

傲慢になってしまった成金は、最後は悲しい結末を迎えることが多いです。

 

本当は不幸なお金持ちの見分け方

あなたは、たくさんのお金持ちに接したことがありますか?

私は仕事でもプライベートでも、何百人もの人のパターンを見てきました。

お金持ちはみんな幸せだ、そういったイメージを持ってしまいがちですが、それは違います。

 

これは一発で分かります。

そんなときは、一緒にいるパートナーや、家族を見てください。

本人ではなく、そばにいる人です。

 

幸せそうにニコニコ笑っているでしょうか?
それとも傲慢な成功者の傍で、どこか悲しそうな顔をしていないでしょうか?
また、両方とも傲慢になっている、そんなパターンもありますね。

 

しかし人は、急に大金が転がり込むと、代わりに大切なものを失ってしまうのです。

これが不幸せになる原因となります。

 

大金が入って逆に不幸になるのは人として1番大切な○○を失うから

急にお金持ちになって傲慢になると、人として最も大切な、ある感情を失いやすくなります。

その感情とは『感謝の気持ち』

 

これは、最も波動の高い感情であり、引き寄せの法則にとっても1番重要なカギとなる感情ですよね。

感謝の気持ちは、普段の生活をしているだけでも、慣れによって『あたりまえ』になってしまうもの。

しかし大金を手にすると
さらに失いやすくなるのです。

 

今まで有り難いと感じていたことが、『やってもらって当たり前』になってしまう。

例えばあなたが貰っていた給料

今まで給料日が楽しみで、有り難い気持ちもあったのに、その微々たる額に、どうでも良くよく感じます。
当然同じ条件で働くことは、難しくなるでしょう。

 

例えばパートナーが作ってくれていた弁当

共働きなのに、早起きして弁当を作ってくれていたことに、あなたは少しは感謝の気持ちがあったかも知れません。

でも『もっと美味しいものいつでも食べれるから、別に作らなくてもいいよ』となるのです。

そんな心理状態では、たとえ作ってくれても感謝の気持ちなんて出てきません。

無理して早起きして作ってくれなくても結構、となるのです。

 

その他にも

  • いつも自分でやっていたタイヤ交換
  • 家族のためにしていた掃除、洗濯
  • 顔見知りだからとオマケしてくれるお店
  • 野菜をくれる近所のおばちゃん

いくらでもお金があるので、こんな小さなことは別にどうでもいいですよね。

 

感謝の気持ちを失うと働く逆引き寄せ

『うわー有り難いな』という感謝の気持ちが無くなると言うこと

それはつまり、幸せを感じにくくなってしまったという事です。

今まで小さなことにも幸せを感じていたのに、その閾値が上がっているのです。

これが不幸を呼ぶ逆引き寄せが働く原因です。

 

幸せを感じるためには、さらに大きなことをしなければならなくなります。

  • ライバルよりも、さらに高級な車に乗ることで、羨望の眼差しを受けて感じる幸せ
  • 隣の家よりも、豪邸に住んでいる優越感で感じる幸せ
  • 誰もが振り返るような美女が隣にいることがステータスのように感じる幸せ

こららは永遠に誰かと争って勝ち続けなければ、幸せを感じるどころか惨めな気持ちになってしまいます。

 

いつも何か不足していると感じるので、幸せを感じれない。

逆引き寄せが発動した状態です。

これでは、幸せを引き寄せられるはずもありません。

 

必ず働くこの世界の原理『正負の法則』を考えているか?

良いことがあれば悪いこともある
どちらか一方に偏れば、その分が後で大きなしっぺ返しとして返ってくる
これが正負の法則ですね。

 

この世界は、すべて波でできています。

あなたの体も、目の前のコップも、外に生えている草木も、水も空気も、すべて最小単位である素量子は、波の性質を待っています。

 

バイオリズムも、潮の満ち引きも、株も値動きも
すべて上がったり下がったりします。

 

運気がグワーっと急上昇したまま、そのまま人生最後までツキまくって終わる

それはあり得ないのです。

 

例えるなら、いきなり大金が入ってきた状態というのは、目盛が思いっきりプラスに振り切れているときです。

ゴムならば、限界まで引っ張られてもう切れる寸前の状態

このままだと、切れてしまい大変な事態になってしまいます。

 

ここは限界まで伸びたゴムを、ゆっくりゆっくりと戻すことで、ダメージを小さくできるのです。

 

運気が良すぎるときは小さな損を重ねる

宝くじで高額当選したら、そのあと大きな不幸に見舞われたり、家を新築したあと、家族に不幸が起きる

正負の法則に当てはめれば、絶頂期にある状態から、坂道を転げ落ちるようにどん底に落とされるのです。

 

何も考えず、調子に乗って、傲慢になってしまえば、こうなるのは当然

しかし真理をわかっている人は、先に損をすることで大きな不幸を回避しています。

 

家を新築したときに、上棟式を行なってお金をまいたりするのも、そう言った意味があるのです。

大金を得たとしても、それで傲慢にならず、困っている誰かのために使ったりすることで、この法則を回避することができます。

 

無料のモニターが1番タチが悪い

今ではお店にトイレがあって、そこを自由に使っているのは珍しくもないですが、本来なら有り難いことなんです。

「すみません、トイレを貸していただけないでしょうか?」

と聞いてから使い、あとはお礼を言ってお店の商品を買ってでるのが当たり前なんです。

 

トイレを使って当たり前、誰かが掃除してくれて当たり前
挙げ句の果てには、汚れていたらクレームを言う

このように、無料というのは人をダメにします。

 

人として1番大切な、引き寄せの法則でも最も波動が高い『感謝の気持ち』が失われてしまいます。

 

もしもあなたの目の前に、無料、お得だという物があったとしても、避けるべきです。

全然お得じゃないですし、無料ならなおさらです。

 

あるお店で、定価・30%割引・半額・70%割引・無料のそれぞれのお客さんのデータを集計したところ、何と割引率が高くなるほどクレームも高くなるという結果になったそうです。

タダで貰っておいて文句を言うとは、普通の感覚なら考えられないのですよね。

しかしそこには、全く感謝の気持ちはないので、悪質な言いがかりを言われることがあるのです。

 

まとめ

一度いい思いをすると、あとで失ったとき元に戻れない

大切なのは徳を積む生き方をすること、人のためにお金をつかうこと

お金持ちを見たとき、羨ましいな、幸せだろうだな等と思わなくてもいいのです。

 

ましてやお金持ちに対して、陰で悪口を言ったり、嫉妬しないでいると、あなた自身がお金持ちから遠ざかってしまいます。

あなたは幸せなお金持ちを目指しましょう。

 

-スピリチュアル

© 2022 楽な仕事.com