JAFの入会費用とお得になる理由

車を運転するようになると、何かと予想外のトラブルに巻き込まれることも少なくありません。

自分だけは大丈夫と思っていても、いざ何かあったときに、どうしていいのか戸惑うことも多いのです。

特に若い方で、車を運転する人にこそ「JAF」の入会をおすすめします。

 




運転者になると必ず付きものの車のトラブル、どんなことがあるの?

運転者になるとどんなに安全運転に気を付け、最新の注意をはらっていても、トラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

JAFは一般的な車の保険とは違い、人単位に加入する保険です。

 

車のトラブルには、キーロックなどの閉じ込めもあれば

電気のつけっぱなしによるバッテリーが上がってしまった、燃料切れなどさまざまなものがあります。

 

他にも一般道路で車が故障してしまい、カーキャリアなどで牽引する必要が出てきてしまうなどのトラブルもあります。

 

車に乗る頻度が多く、日常生活で欠かせないものであればあるほど

こういったトラブルの可能性も考えておかなくてはいけません。

 

JAFの入会費用と、何かあった場合どのぐらいお得なの?

JAFに入会するのには初期費用もかかりますし、年会費もかかります。

初期費用としてかかるのは6,000円と決して安いお金ではありません。

 

でも、車に何かトラブルが起こると、その度に修理などの費用がかさみます。

 

例えばバッテリーが上がってしまったときの対応も

夜間になると12,880円かかりますし、スペアタイヤの交換も夜間で1本あたり13,080円の費用がかかります。

 

車関係のトラブルは、昼間なのか夜間なのかによっても違いますが

一回トラブルにあったと考えると、JAFの会員の年会費の方がいかに安いのかがわかると思います。

 

車のロードサービスの保証内容のものもありますが、自然災害関係の事故や故障はJAFだからこそ対応してくれるといっても過言ではありません。

 

JAFの退会方法と、若いうちだけでも入っていた方が安心の理由

JAFを退会するときは、会員の状況によっても違うので

総合案内サービスセンター」に直接電話したうえで手続きを行います。

 

運転者になったばかりの頃は、すべてが慣れていないことばかりで

急な車のトラブルのときに、どうしたらいいのか戸惑ってしまうこともあると思います。

 

運転経験の少ない若いうちだけでもJAFに加入しておいたほうが

もしものときにも安心でき、精神的な負担の軽減になりますね。

 

高速道路で突然の故障

あなたが高速道路を走っているとき、道路でトラブルを起こしている車を見たことはありませんか?

そんなとき道路脇にある電話を利用すると、管制センターへと繋がります。

そこで、民間の業者を利用するのか、JAFを利用するのかを聞かれます。

 

高速道路で故障をした場合、いったん次のICで下りて精算してから

もう一度乗り直して自宅近くの修理工場へ運んでもらうことになります。

 

ですがこのレッカー移動を民間の会社にお願いした場合、結構な料金を請求されて驚くことになります。

移動するだけで何万円も請求され、さらに車の修理代となると、大変な思いをしてしまいます。

そんな時でもJAFに入っていると、安心感か違いますね。

 

まとめ

JAFに入会するのはあくまでも任意になります。

でも、運転者になるとさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性も高くなりますし

負担にならない程度で、JAFの加入も検討してみてもいいと思います。

 

会員数約1,900万人、継続率90%以上なのは理由がありますよ。

 





 

-お得情報

© 2020 パゲメロン