仕事に行きたくない、辞めたい、そんな方に精神的または肉体的に楽な仕事をご紹介します!

日本で1番弱者にやさしい【楽な仕事全集】

幼稚園の送迎バスの運転手

投稿日:

私の知り合いの60代の男性ですが、会社勤めをしていてうつ病を発症し、長年勤めていた仕事を辞めました。

その後はしばらく自宅で療養していたのですが、何とか社会復帰をしようと仕事を始めますが、すぐに辞めての繰り返しで、職場を転々とするようになってしまいました。

 

しかし、元々彼は以前の職場で取得した大型免許を持っていたということで、その資格を活かそうと幼稚園の送迎の仕事を始めたのです。

最終的に、そこでようやく定着して仕事ができるようになり、社会復帰を果たしました。

この幼稚園の送迎の仕事は、人間関係のストレスも少なく、今現在でも長く続けているようです。

 

今回は、そんな幼稚園の送迎の仕事について、メリットやデメリットについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

幼稚園の送迎の仕事に必要な免許

私の60代の知人は、たまたま大型免許を持っていたからこの仕事をすることができましたが、実際にどのような免許が必要なのでしょう。

幼稚園の送迎の仕事をするには、大型免許を持っていないとダメなのでしょうか?

また、人を乗せるため、2種免許が必要なのでしょうか?

 

免許の種類は複雑ですが、必要なのは中型免許以上

現在は、免許の種類が6種類もあります。

  1. 普通免許
  2. 準中型免許(5トン限定)
  3. 準中型免許
  4. 中型免許(8トン限定)
  5. 中型免許
  6. 大型免許

なんでこんなに分かりづらい制度にするんですかね・・・

日本はこういうの得意ですよね。

 

結論から言えば、幼稚園の送迎の仕事をするなら、この中で5番以上の免許が必要になります。

幼稚園の送迎のバスは、だいたいマイクロバスが多いです。

マイクロバスとは、車両総重量8トン未満で、最大積載量が5トン未満、そして乗車定員が11〜29名まで乗れるバスのことを言います。

 

もしも幼稚園で使用しているバスが10人乗りのハイエースなどであれば、普通免許でも大丈夫なのですが、なかなかそういう求人自体が少ないと思います。

ですので、普通免許だけでは幼稚園の送迎の仕事は難しいかもしれません。

 

求人情報誌を見てみると、中型1種免許取得者が条件となっているところが多いですね。

中型免許ですと、定員29人以下のバスを運転できるようになります(子供は3人で大人2人分とカウントするのでさらに乗せられる人数は増えます)

 

また、実は2種免許じゃなくても、この仕事はできるのです。

人を乗せる場合には2種免許が必要だと思われるかもしれませんが、幼稚園所有のバスに、幼稚園に直接雇われている運転手が運転する場合、自家用車扱いの白ナンバーとなり、1種免許でも大丈夫なんです。

 

運転手の待遇や仕事内容

メインの仕事となるのは、朝と帰りの送り迎えになりますので、時間帯が朝7時~10時ごろと、帰りの14時頃から17時ごろまでの2つにわかれていて、その間の時間帯は休憩になるのか、用務員のような仕事があるのかはその幼稚園により異なってきます。

休憩時間にならなくても、例えば洗車したりするなど、実働時間も短いためゆったりと仕事をすることができます。

 

働いている人は、定年退職後に大型免許を活かして活躍している方など、比較的年齢の高い人が多いです。

待遇はパートから正社員までありますが、時給でも地方でさえ1,000円以上の案件が多く、時間の割には稼げます。

 

うつ病からの社会復帰を目指す人にもおすすめ

幼稚園バスの送迎の仕事は、出世競争に疲れ、人間関係に疲れ、仕事に追われるような世界ではないです。

働いてる同僚は年配の人が多く、和気あいあいと仕事をすることができます。

隣には幼稚園の先生が乗っていますのので、とにかくバスを安全に運転することだけに集中することができます。

 

以上が、幼稚園バスの送迎の仕事のご紹介でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

だめおやじ推奨の楽な仕事No.1はこちら

 
まずは副業として土日からはじめるならこちら
 
治験モニター募集

様々な案件が多数あるので自分に合ったものを選べる





-資格取得して現状脱却

Copyright© 日本で1番弱者にやさしい【楽な仕事全集】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.